スポンサーサイト
--年--月--日 - スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての箱根
2009年11月19日 - 写真




_MG_7116.jpg

東京からだとちょっと遠い距離にあるためなかなか
行く機会がありませんでしたが、ちょっと行ってきました。


_MG_7237.jpg

紅葉の季節からか、ロマンスカーは満席で、登山鉄道も2,3本待ちという状態


_MG_7134.jpg

マナーの悪いばばあ共にイライラしながらも
とっても楽しかった小旅行でした。また行きたいなぁ。


そうそう、今週末、金沢に旅行に行くついでに2回目のADAギャラリー訪問をしてきます。


IMG_0669_20091119133304.jpg

写真もアップする予定です。
純粋なあの子を白い粉でメロメロにしてやったぜ!!
2009年11月10日 - アクアリウム



どうも、酒井被告の似顔絵に爆笑したagitoです。

さて、ずっと前から水質測定キットと同時に買ったままになっていた、
aquamaind製のカリウム粉末を水溶液にしてみました。



_MG_6477.jpg

容器は以前使っていたADAの空き容器を流用します。
キレイですし、毒性の物が入っている可能性は低いですし、ワンプッシュ1mLだからです。



_MG_6479_20091110004705.jpg

そして溶媒は学校の避難訓練の時のもらったピュアウォーター。
理系の方に聞いてみたところ、水の純度としては精製水より高い物を純水と言うらしいのと、
ミネラルが入ってないので美味しくないため今回はこれを使います。



_MG_6482.jpg

私が今回使うボトルは500mL入り、純水の純子ちゃんもちょうど500mLなので
500mLのカリウム水溶液を作ります。
たまに10%の水溶液を作るには水500gに50gのカリウムを溶かすとか
書いている人がいますが完全に理科を忘れてる人ですね。それか適当な人。
と、言うことで500ml10%のカリウム水溶液を作るには55gのカリウムを500mLの水に溶かします。


えーと、全力で煽っておいて間違えていました。
このような水溶液の濃度を出す場合はw/v(ウエイトパーボリューム)で濃度を記載するようです。
体積とか比重を計算するのが大変だからだそうです。
55gのカリウムを500mLを溶かした場合はw/wの場合は10%ですが、
w/vの場合は11%となります。(みなさん、よく考えて下さい、11%にはなりませんよ!)
正確に10%にしたい場合には下のコメントをクリックして、一番最初の38brainさんのコメントを参考にしてみて下さい。
調子にのってすいませんでした。と、言ってもまたやりそうな気がします。
間違ってたらクスクスしながらコメントでキリッ(`・ω・´)だっておーwwwって書き込んで間違いを指摘して下さい。





_MG_6483_20091110004711.jpg

最初は溶けませんが、振っていると水温上がり始めてすぐに全部溶けてしまいます。



_MG_6485.jpg

カリウムの説明書によれば純度が高いためもっと高い濃度にできるみたいです。
でも説明書通りに10%ぐらいが扱いやすい良いと思います。

カリウムは250g入りなので、約4.5本も500mLのカリウム水溶液が作れることになります。
650円ととても安価で手間も殆どかかりませんのでオススメです!
うちの水草も赤が濃くなりましたし、水草の成長には欠かせませんな。
ブログデザインを更新しました
2009年11月05日 - 雑記

_MG_6956.jpg

前回のエントリーで宣言していた、ブログのデザインを新たにしました。
やはりアクアの写真を載せる際は黒バックの方が映えると思いましたのでバックは黒っぽくしました。

写真を大きく表示したいので、1カラムでさらに写真をクリックすると
一部の例外を除きかなり大きい画像が表示されます。

当初想定していたデザインとかなり異なりますが
冷静に考えればこのデザインの方が良いと思いましたので
結局普通のブログと同じ感じになりましたw
前回のエントリーで大口叩いて申し訳ない


_MG_6596.jpg

まだ、ちょこちょこ小さな修正をしていく予定です。
今後とも、東京徒然草及びagitoをよろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。