FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 - スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水槽の撮影について

2009年09月26日 - アクアリウム

世間的には常識かもしれませんが、私が最近調べた写真についてのコツを書きたいと思います。
たまには役に立たないとねw

みなさんはカメラのレンズには収差という像の乱れがあることをご存知でしょうか?
レンズを通過する際に光の波長の屈折率が異なることから、
色が分離して見えるプリズムが起こるのです。
高級なレンズほどこの収差を補正し、シャープな絵が作れます。
CANONの蛍石なんかは収差の補正の能力がすごいらしいです(私はLレンズ持ってないのでw)

この収差、レンズを通過する時にだけできるのではなく、
水槽のガラスやアクリルを通過する際も起こっています。

_MG_5507.jpg

水槽を斜めから撮影した写真。
うーん、見づらいですね。
ちょうど度が合わないメガネでもかけているような感じです。

これはピントがずれているとかうんこちゃんレンズを使っているからではないんです。
水槽のガラスに、収差を補正する能力なんて備えている訳がないためこうなるのです。
あくまでレンズの収差補正はレンズ内の凸レンズの収差を補正しているので、
外的要因の収差はそのまま通過させます。

次は正面から撮影

_MG_5509.jpg

とてもシャープな画像になりました。




え?エーハイムの2000円水槽だからそうなるんだって?




ではADAのキューブガーデンで比較
まずは斜めから撮影

_MG_5513.jpg

次は正面

_MG_5514.jpg

ふっさふさがよくわかる写真になりました。

このようにどんな水槽でも収差は必ず起こっています。
実は正面から撮ったとしても収差は出ているのですが、
屈折率の違いからくる収差は正面であればほぼ真っ直ぐ通過し、屈折はしないため
収差がないように見えるのです。


今回のまとめ

1・水槽はできるだけ正面から撮りましょう。
2・マクロ写真ほど斜めから撮影した収差は相対的に大きくなる。
3・ガラスが厚くなる大型水槽ほど収差が大きくなる。

おわり




関係ないですが、リンクを増やそうキャンペーン続行中です!




スポンサーサイト

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

      

コメントの投稿(メールアドレスは入力しないでください)

管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。